mellowtone music.

音楽と自転車、mellowtoneのサイト。
<< 吉田美奈子カバーバンド@ブルーノート東京! | main | 開催決定!西脇辰弥クロマチック・ハーモニカ・ワークショップ vol.2 >>
全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 2010


全日本マウンテンサイクリングin乗鞍、エントリーしたら当選してしまい、参加してきました。

前日は、午前中に所用があったため、12:00に名古屋を出発、現地について受付を済ませたのは16:30を過ぎていました。あっぶね!

それから、宿のフォレストハイジさんへ。全く見ず知らずのお二人、ますらおさん、ヒロ君さん、との相部屋ですが、普通の旅行と違って自転車、という話題の共通項があるので、話は尽きません。楽しいひとときです。そして、通勤で乗りっぱなしだった自転車も、注油して、汚れを取って、ワックスを掛けて…こんなにゆっくりメンテ出来るのも久しぶり。

夕飯はコース料理が出ちゃったりして驚きました。食事中も、別室の参加者の方々とヒルクライム談義。やー楽しい。

さて当日。
四十台の参加者が一番多いようで、ロード男子Eは3グループに分かれています。E1クラスで出場。
会場は宿から5km離れていたので、早めに出発。それが功を奏して、前から20人目ぐらい?の、もったいないようなポジションに。スタート地点に誘導され、5分前…3分前…1分前…30秒前…プラカードを持ったオネーサンが案内。

そして、7:48に号砲一発、スタート。

前半、飛ばしすぎないようにと、とにかく気をつけた。最初はじゃんじゃん抜かされたが、程なくして抜いていった人たち前から落ちてくる。あとはひたすらマイペースを心がけて。
前半はEvoFitの効果か、絶好調!足も良く回りました。生まれ変わったようです。

これが続けば良かったのですが…中間地点を過ぎる頃、補給のタイミングを誤って、ボトルを持ったままつづら折りの内側の急斜面に突っ込んでしまったのがきっかけでリズムが崩れはじめ、残り5kmで急激にタレ始める。

足がつりそうになるのは今年のMt.富士と同じだが、意識まで彷徨い始める。路側の溝に落ちそうになったり、これまで全く経験したことのないひどさ。心拍は170より上がらなくなり、速度は7km/h。当然のようにガンガン抜かれる。そしてそのままゴール!

結果、1:31:05。

Mt.富士が1:30なら目標タイム1:25ぐらいが妥当らしいので、 大惨敗でした。

しかし、快晴の乗鞍岳山頂付近は、そりゃーもう気分が良くて、サイコーでした。


下りに補給ポイントで飲んだ、文字通りの「天然水」と、戻ったスタート地点で振るまわれていた地元産のスイカがなんとも美味かった!

そして、宿に戻ろうと会場を後にしようとしたところ、同室のますらおさんとご対面、なんと57分台で6位入賞!!素晴らしい!!
宿に戻るとヒロ君さんが先に戻っておられた。1:28前後のタイムだったそうで、こちらもすごい。道が混むからとシャワーも浴びず、そのまま帰っていかれた。 シャワーを浴び、宿の方にごあいさつして、帰路についたのでした。

くっそ〜!来年リベンジや〜!!
抽選当たれ〜!←大事
| Bicycle | 23:22 | - | trackbacks(0) | |
http://www.do-mi-so.net/trackback/886746
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ RECOMMEND
ピアノ・マン
ピアノ・マン (JUGEMレビュー »)
セス・オケグォ・アルピノ・フィーチャリング・グレゴア・マレット
グレゴア・マレ来日記念。7曲中4曲にグレゴアが参加。目下、今年リリースされたハーモニカアルバムの中では一番のオススメです。詳しくは2007.5.12のエントリ参照。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

グレゴア・マレ来日記念。ラップありのHip Hop - R&B系のサウンド。当時レギュラーメンバーだったグレゴア・マレのハーモニカが炸裂。オシャレにとんがってます。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ