mellowtone music.

音楽と自転車、mellowtoneのサイト。
<< トゥーツのマネージャーDirk Godtsさん永眠 | main | 吉田美奈子カバーバンド@新宿サンフェイス >>
納車!ZULLO Tonica “Cat Special”
以前乗っていたNISHIKIのロードバイクには楽しく乗っていましたが、30年も前に父が友人から譲ってもらったもの。フレームサイズが自分には小さい。いつか自分の体にピッタリのロードバイクに乗りたいと思い始めた一昨年、たまたま見かけたZULLOのフレームのペイントに一目惚れ。美しすぎる!これだ!
ちょうど40歳になったその頃。コンセプトは「定年退職までの20年、楽しく通勤できるロードバイク」をZULLOのフレームで作ろう!と思い立ちました。
さっそくコンタクトをとり、一時帰国されるZULLOのスタッフの安田さんに体を採寸してもらい、あわせてコンサルを受けました。20年乗るので、耐久性重視のクロモリフレーム。クラシックな丸チューブのTonicaでお願いしました。これが2008年11月の終わり頃。ほどなくして送ってもらった設計図がこれ。

ジオメトリ

その後、ペイントの図案をやりとり。
ちょうどその頃、具合が悪くなり、他界してしまった猫の「まる」を、本来ならZULLOのエンブレムが収まるヘッドチューブに美しくあしらってもらいました。リクエストを出しながら、ご多忙な安田さんと図案をキャッチボールし、気長に気長に待ちました。
そして決定。

デザイン決定!

ここまでで採寸から1年。




こんな作業を経て、完成したフレームの写真が送られてきたときは本当に感動しました。

フレーム完成

トップチューブは音符です。歌いながら通勤しちゃいたくなる(?)、ポップなフレームになりました。
約2週間後に到着。
フレーム到着

おてんばムスメも興味津々。
そして、こちらも多忙の某マイスターに組み立ててもらうため、待つこと2ヶ月。

完成!



パーツ類はUltegraベース。パーツのトラブルで通勤で乗れなくなると困るので、スモールパーツが入手しやすいシマノで。ブレーキは思い入れのあるヨシガイ、ホイールは安田さんオススメのハブCHRIS KING+リムMavic OPEN PROで手組、その他こまかいパーツはマイスターにお任せ。アウターケーブルや小物、ネジ類などカラフルなチョイスでさらにポップになりました。

さぁ、ガンガン乗るぞ!
この自転車を手にして、職人による全くの手作業で作り出される価値の重みを感じます。それはマスプロダクトには感じない何か。日本独特の宗教観に基づく「八百万の神」ではありませんが、ぞんざいに扱ったら本当にバチが当たりそうな畏怖があります。
とかく軽薄短小が幅をきかせる日常で、この自転車を飾って眺めるのではなく、ガンガン乗って、その価値を身近に置くことで忘れないようにしたい。
| Bicycle | 23:50 | comments(1) | trackbacks(0) | |
綺麗な色ですね。私もブルーのZULLOを購入しました。
| kincyan | 2013/03/01 11:02 PM |










http://www.do-mi-so.net/trackback/886741
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ RECOMMEND
ピアノ・マン
ピアノ・マン (JUGEMレビュー »)
セス・オケグォ・アルピノ・フィーチャリング・グレゴア・マレット
グレゴア・マレ来日記念。7曲中4曲にグレゴアが参加。目下、今年リリースされたハーモニカアルバムの中では一番のオススメです。詳しくは2007.5.12のエントリ参照。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

グレゴア・マレ来日記念。ラップありのHip Hop - R&B系のサウンド。当時レギュラーメンバーだったグレゴア・マレのハーモニカが炸裂。オシャレにとんがってます。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ