mellowtone music.

音楽と自転車、mellowtoneのサイト。
<< ライブ情報:田中光栄(3/16金) | main | ライブ情報:田中光栄(3/31土) >>
V-Synth GTを試奏しました!
ローランドが4月に発売を予定しているV-Synth GT。西脇辰弥さんがブログでも書かれています。何気なく立ち寄った名古屋パルコの島村楽器で、実機が展示されているではありませんか!ローランドのスタッフの方もいらっしゃって、詳しくお話を聞くことが出来ました。

V-Synth GT。まだ発売前の貴重なもの。

気になるボーカルデザイナーについて。僕も使っているVP-550では前V-Synthの拡張機能だったVC-2をスペックアップしたエンジンを搭載。ただしシンプルさを優先するコンセプトで音作りは不可能でした。そしてV-Synth GTでは基本的に同じエンジンを搭載しており、そのパラメーターもエディットすることが可能です!キャリアの音色も当然変えられます。素晴らしい!いただいたカタログによると、ボコーダータイプ4種類(Stereo・Mono・Vintage・Enhance)、フォルマントタイプ7種類を選択できるそうで、それだけでも幅の広い音作りが可能でしょう。

特筆は新たに搭載されたAPシンセシスという新機能。バイオリン、二胡、サックスの「動作モデル」が用意されています。たとえばバイオリンの音色に対してサックスの動作モデルを適応すると、大音量でビブラートがかかりにくくいというサックスの特徴を持ったバイオリンに生まれ変わります…と説明してもとてもわかりにくいのですが、単なるLFOやフィルター、ポルタメントのコントロールとはまた異質の、演奏に直結した面白い効果が得られます。

カラー液晶はTFTを使っているなど、貴重な話も聞けました。ウェーブテーブル系では味わえない音作りが可能な、シンセサイザーらしいシンセサイザーです。プレイヤー側のイマジネーションが試されます。予価33万円。いいなぁ。

●V-Synth GT(ローランド)
http://www.roland.co.jp/products/jp/V-Synth_GT/index.html
ちなみに西脇さんは「前モデルのイタいところがとれた」ということでかなり高評価をされているとのこと。
| Keyboard & Vocoder | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | |









トラックバック機能は終了しました。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ RECOMMEND
ピアノ・マン
ピアノ・マン (JUGEMレビュー »)
セス・オケグォ・アルピノ・フィーチャリング・グレゴア・マレット
グレゴア・マレ来日記念。7曲中4曲にグレゴアが参加。目下、今年リリースされたハーモニカアルバムの中では一番のオススメです。詳しくは2007.5.12のエントリ参照。
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

グレゴア・マレ来日記念。ラップありのHip Hop - R&B系のサウンド。当時レギュラーメンバーだったグレゴア・マレのハーモニカが炸裂。オシャレにとんがってます。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ